頭頂部が薄毛女性のための育毛剤とは

頭頂部が薄くなるのはアラフォー以降の女性には多いようです。
頭頂部が抜け毛などで薄毛になる原因と薄毛を改善する方法を説明します。

 

頭頂部の薄毛の原因

頭頂部が薄毛の原因は女性ホルモンの減少で、もうひとつは頭皮の血行不良、そして毛母細胞の衰えです。

 

どうして女性ホルモンが減少するのか

女性には卵巣がありますが、卵巣の機能が低下すると女性ホルモンが減少します。

 

頭皮の血行不良が頭頂部の薄毛を招く

頭皮にある血管から毛母細胞に栄養素を供給していますが、
血行が悪くなると髪の毛に栄養が届かないので抜け毛や薄毛になります。

 

頭皮の血行不良が毛母細胞の機能低下を招く

毛母細胞は髪の毛の根元で、代謝が低下すると発毛サイクルがスムーズに行われないので薄毛の原因になります。

 

シャンプーのし過ぎをさけること

シャンプーをし過ぎるのは良くありません。
洗い過ぎると頭皮に必要な皮脂分までが失われ、頭皮が乾燥して薄毛の原因になります。

 

薄毛対策で必要なのはホルモンバランス

薄毛対策には女性ホルモンを補給するようにしましょう。
そのためには食事でホルモンバランスを整える効果がある
栄養バランスがとれた食生活をすることです。

 

ストレスは薄毛の大敵

ストレスが溜まると頭皮の血行がスムーズにいかなくなり薄毛になります。
できるだけリラックスしてストレスを溜めないようにしましょう。

 

頭皮の血行不良を改善して毛母細胞を活性化する

頭皮にある髪の毛のもとになる毛母細胞が働かなくなると薄毛や抜け毛が進行します。
毛母細胞は髪の毛に栄養素を送る役割があり、それが出来なくなると薄毛になります。
頭皮を適切にマッサージなどで刺激して血行を良くすることと、
頭皮と髪の毛に必要な栄養素を食事やサプリで補うようにしましょう。

生まれつき髪が薄い女性のための対策

数は少ないですが、薄毛で苦しんでいる方の中には、
生まれつき薄毛の方も存在します。
先天的な体質が原因の場合、対策は取れるのでしょうか?

 

 

対策は量ではなく質

先天的な薄毛については、先天性欠乏症という病気の可能性もあります。
これは赤子の頃から薄毛で、成長を遂げても薄いままいう症状です。
最悪の場合、十代で髪が抜けて薄毛になるケースもあります。

 

これは遺伝子の病気なので、そういうものとして向き合うしかありません。

 

また、毛量が少ない体質の方も存在します。
10万本というのが髪の毛の本数の平均値ですが、あくまで平均値なので、
現実には本数に相当のバラつきが見受けられます。

 

毛髪の本数は、大方、毛根や毛穴の数量で決定されますから、
後から増加させる事は不可能です。

 

ですから、本数を増加させるという方向性はふさわしくありません。
対策を取るなら髪質、つまりコシや太さに着目した方が有意義です。

 

 

髪質を良くするには

髪質を良くしたいならば、俗に言う「育毛」に取り組まなければなりません。
髪はひとりでにある程度育ちますが、手を加えればさらに良く育ちます。

 

頭皮の清潔をキープし、毛髪に十分な栄養を供給する事、
頭皮や毛髪に負荷をかけない事。
それが、毛髪を健全に太くしてくれます。

 

毛髪の健康を重視するならば、飲酒と喫煙も止めましょう。
これらは血流を悪くし、毛髪に必須の栄養を供給しにくくしてしまいます。

 

女性に関しては、とりわけホルモンバランスもかなり関係してくるので、
男性よりもさらに健全な生活習慣をキープする必要があります。

 

 

道具に頼るのも良い

生まれつきの薄毛ならば、
ウィッグを使用して局所的にボリュームを上げるというのも1つの手段です。
ただ、常に行っていると、頭皮や毛髪への負荷が大きくなり、
薄毛を悪化させる危険性があるので、大切な時だけに留めましょう。

 

また薄毛であると、頭皮にダイレクトに紫外線が照射されやすくなります。
晴天時に出掛けるのであれば、帽子をかぶるようにしましょう。
そしてこまめに着脱して、蒸れ対策をとるのも暑い日には重要です。

 

帽子の用途は紫外線対策であり、決して薄毛をごまかす事ではありません。
このような道具を用いる事も、対策の選択肢となるでしょう。

 

先天的な薄毛は「治す」のではなく、
「上手に向き合う」という考え方で対策を練るのが良いと思います。

 

頭頂部が薄い女性も自分の個性として、
上手く取り入れられるといいですよね。

更新履歴